人間を叩きのめす

おれがクソ人間どもを叩きのめすまでに日々思ったことや考えたことをダラダラと綴る程度のブログ

インドのこととかその他いろいろ

2019年1月21日.

 

インドに来て2週間くらい経ちました.

前回の記事タイトルが「インド1日目」だったので次が「インド2日目」じゃないのは詐欺な気がする.

これを書いているうちに忘れそうなので書きたいことをメモっておく.

・インドの手続きの煩雑さ,その他インドの美味しいごはんや可愛い動物どもなどインドにおける生活のこと

・傍観者気取りのカス

・主張に関して

・ロックのこと

・自分のメタ認知のこと

どこまで書くかはわからんが.

 

 ・インドのこと

 インドではやたらと手続きが縦割りされていて同じ建物内でさえ何度も何度もぐるぐるぐるぐると人を訪ねてサインをもらい金を払い署名をし紙をもらい...とやたらと手続きが多く煩わしい.日本で3手で終わることがインドでは7手くらい必要で本当に待たされる.まあこうやって各人の仕事を明確に分割することで10億人以上いる人間どもに少しでも限られた仕事を分配しているのかなとも思って自分なりに納得はしているが.それにしても寮費を払うところでも病院でも通信回線の開通でさえ時間がかかった.しかしスマホのSIMに関していえば239ルピーを先に払えば28日間毎日1.4GBまで使えて電話番号も使えるという日本からしたら考えられないくらい破格の値段である.日本で数千円払って月に数GBで通信制限に達することを考えると月に300円ちょっとでトータル40GBくらい使えるというのは信じられない.とてつもない価格競争が行われているのか.まあ開通に2~3日かかったが...

 食事や動物に関してはTwitterに写真があるのでそれを見てほしい.

やさしい独裁政権🐈 (@Zagan_ver) | Twitter

 特にParathaというチャパティを何層にもして焼き上げたパンが本当に美味しかった.毎日カレーの類を食べているのに未だにヒィヒィ言っているがかなり慣れてきた気がする.動物に関してはブラックバックというかっこいい鹿の仲間みたいな動物と出会った.角がねじれていてとても幻想的な動物だけど,今のところバスの中からしか見られていないのでそのうち出会ったら近づいてみたいと思う.角に刺されたら大けがするだろうなあ.

 そして今まではいろいろなところで食べ歩いていたから安いインドと言えども一日800円くらいの金額は使っていたんだけど,学生食堂みたいなところの一か月カードをとうとう買ってしまった.これがあれば1日100ルピー(160円くらい)で3食,30日間食べ放題なので日本じゃありえないくらいの節約生活ができる.しかもインドではみんなお腹を壊しがちだけど学生食堂は栄養バランスがしっかり整っていて安全ということで至れり尽くせりである.というわけでこれから30日間毎日カレー生活が始まります...

 

・傍観者気取りの人間どもに関して

 最近色々なところで他人に言及する人間が多くてきもくなっちゃった話.例えば男女関係のこととかもそうだけど,大の大人である当人同士が了解しあって決めたことに安全な外側から口を出している人間ってなんなんだろう.誰がお前にご意見番を求めたんだ...あまりの厚かましさに気持ち悪いなと思ったというだけですが.まあ似たようなことにインターネットで特に多い「何かの問題点に言及している人間自体に言及する人間」というやつ.これを言ったらお前も言及している人間に言及しているじゃないかとそいつらに言われるんだけどここでの問題は「何かに言及している人間に言及する人間」なのでおれは「何かの問題点に言及している人間」です.なぜそういう本質的でない物事に足を取られていることをよしとしているんだろう.問題に対して言及している人間とは別の立場から問題に言及することこそが議論の始まりとして正しい.そうじゃなくて何かに言及している人間にその言及する態度とか立場とかの問題の本質とは全く関係ないところでお前はおかしいつって,問題の解釈とか解決とかを全くしていないにもかかわらずハイ論破みたいな雰囲気を出して満足げにしている.論理的に正しくてもその論理が今問題の本質的な部分に有効か?という判断を行う能力を失ってしまった可哀想な人間たち.論理的に正しいことが必要になるのは問題設定が行われてその問題に必要な論理の推定がなされてからなのにね.与えられた問題を解決していればよいみたいな生活を送ってきているのだろうか.それなら問題を見失っても仕方ないのかもしれないが.どうなんだろう.どうでもいいから関わらないでほしいなあ.そもそもTwitterみたいな140字で終わるところに問題の定義もクソもないので自分の立場をもって何かに言及している人間自体に言及するというそんなふわふわしたことやってんのマジで時間の無駄でしかないですよとは思うが,お前らがそうやって時間を浪費することはお前らの自由だしおれがそれに答えるかどうかはおれの自由だ.おれはTwitterでの他人の言葉の定義など全く理解せずすべてを理解したふりをして雰囲気でやっている.

 

・主張に関して

 これはおれの直観的なツイート

 に対するフォロワイの補足的なツイートがとてもわかりやすくありがたかったので引用しておく.

 そしてこれ

 主観を客観として誤認して主観を主張する人間.これが「XXは常識だろ」つって自己主張をするダサいやつ.前に言われてる「客観的に主張したいならデータが必要」ということの一番身近なデータがメタ認知であるということ.自分自身をメタ的視点から見てそれでいてなお自分を演じ切ることのできる人間は強い.おれの好きなギタリストである真島昌利とhideがちょうどこの最初に述べている好きな人間に当てはまる.「俺は俺の死を死にたい」自分の主観を主観として認識してなおその主観を貫かせてくれという主張.そしてhideのことを追いかけていくと頻繁に目にする「松本秀人がhideを演じている」というもの.その意識を持ち続けてステージに立ち続けたのは本当に凄い.ステージ上のカリスマ性って自分を神やその子と思い続けるくらいのナルシストか自分は神様でさえ演じ切るという徹底した意識がないと保ち続けるのは本当に難しいだろうなと思う.まあおれは人生でどんな問題があっても何もかも思い通りの結末に進むので,人類に与えられるべきだった分の神の愛も独り占めにしていますが.

 

・ロックのこと

 最近ずっとロックを聴いているんだけどロックってなに?おれにとっては感情を音楽に乗せてぶちまけているだけのものなんだけどみんなにとってはどう?何年代にどの地域で流行った何々の要素を取り入れたスタイルのことをロックと呼ぶみたいなWikipediaみたいなこと考えてる?さっきのカリスマ性と同じでおれは馬鹿でかいとかめちゃめちゃ繊細な感情をぶつけて人間の感情をどこまで奏者に同調させられるかがロックの価値だと思っている.これもやっぱりさっきの主観とか客観と同じで怒りとか悲しみとかそういう主観的な主張を直接ぶつけるのもいいし,おれみたいな馬鹿でかい支配欲を持った人間が曲を作るとしたら緻密に計算されていて人間の脳に一音一音ずつ正確に浸透していきアルバムが終わるころには放心しているくらいの曲があってもいい.こんな感じに人間の欲求で他人の感情を支配するものをおれはロックと呼んでいます.だから音の鳴り方とかだけでロックって言われてても全然意味の分からないものもたくさんあるんだけどね.何が違うんだろう.感情の波に逆らうとか逆らわないとかそういうところにあるのか?小奇麗にまとめた音なんてどれだけギターを鳴らしてもロックに聞こえないんだが.

 

書きたいことがたくさんあってどれも薄くなってしまったので自分のメタ認知のことはまた今度.

 

インド1日目

2019年1月7日

 

インドに来ました.

まあそんなことはどうでもよくて,人間が人間の上に立つこと,下から支えること,一歩先から引っ張ること,後押しすることについて最近の思考を適当に書きます.

 

人間が人間の上に立つということはみんなも直観的に理解ができるというか容易に想像しうることだと思うけど,何か偉大な権力を持った人間が同じ船に乗った人間どもの行く末を左右する船長の役割を担うということ.信頼関係があれば盤石なものかもしれないがその偉大な権力の源が何かによっては危なくもある.全員から信頼を得て上に立つのか恐怖で押さえつけて上に立つのかとか.大抵こういう"人の上に立つ"という典型的な例は恐怖で押さえつけた独裁政治と暗黒時代からの脱出を図った政権に現れることが多いと思う.人の上に立つというのは熱狂させる必要,カリスマ性というものも大切だよね.まあしかしいずれにしても人の上に立つような指導者は当人が死んだら大抵終わる.カリスマ性について書くと長くなるのでやめます.

 

じゃあ逆に人の下から支えるということはどうか.おれが普段思っているのは人の行く末を決めるほどおこがましい真似を人間がしていいわけがないということ.だからこそ指導者的立場の人間はほかの人間がより良く生きていくための基盤を底上げしてやるのが本来の役目で,それぞれの自由を最大限尊重しろというもの.でも実際人間が個人としてそこまで他人に尽くすという真似はできないのかしたくないのか,大抵の場合人間が集団になって一部の労力を提供することで社会基盤としているよね.みんな,国やっとるか?他人の幸福のみに貢献しつくせる人間が存在しないから国家という非人格のシステムがそれをやっているわけだけど,国家自体にモチベーションやビジョンがあるわけではないから,生まれた頃から勝手に組み込まれていると違う意見も出てきてしまうよね.幸福が何かという方向性が定まっていないというか.

社会に属すのは選択可能であるべきということについて書くのも長くなるのでやめました.

 

以上を踏まえておれが普段言っているやさしい独裁政権というのは,おれ個人の内にある,人間が持つ幸福に対する観念に自動的に向かうような仕組みのことです.おれが独裁者になるのが本命ではなくおれのビジョンが国家の仕組みになって続いていくということ.

まあおれのことはどうでもいいか.ここまでで言いたかったのは

・人の上に立つ指導者→今までにどこの国でも何度でもあった人間のやりがちな話

・人の下から支える仕組み→指導者として本来目指すべき姿勢

ということ.

 

次に人を前から引っ張っていくということ.これはリーダーシップとか言った方が分かりやすいかもしれない.一番いいリーダーシップの例は何だと思う?おれは最近知ったんだけど,トヨタウェイというものがあって,トヨタが心がけているというか常に持ち続けているビジョンのこと.内容は各自調べて.どの会社にも企業理念というものはあると思うけど,それはたいてい創業者とかが聞こえのいいことを言っているだけのことが割と多いよね.トヨタウェイはそうじゃなくて,それ自体が社員に持続可能な側に方向性を与えるビジョンでありながら,リーダーシップでもあるということ.これのいいところは非人格であるというところ.そして社員全体にリーダーシップを植え付けているところ.これによって創業者や経営陣が何人死のうとも社員は明確なビジョンに向かい続ける.ほかの企業だと経営陣が企業のかじ取りをし続けるのにトヨタだけはトヨタウェイが強力なリーダーシップを持って社員全体が自ずと同じ方向にかじを取れる.これこそ国家が持つべき非人格性の部分だと思う.国家が向かうべき方向はさっきも言っているようにリーダーシップを得る方向ではなく全員を幸福に向かせて下から支えることなのでトヨタに国家の経営を任せるとよいという単純な話ではもちろんない.

 

そして人を後押しするということ.無責任でいいよね.お前らみてえな腐った人間は順番に崖から突き落としてやる.後ろから押しておいて転んだ人間を助けないままそれはお前の自己責任だと言い放つことほど人間の非社会的な面はないと思っている.

 

はい飽きたのでここまで.人間に見せるべきビジョンには段階があるということとかも書こうと思ってたけどインドはカレーが美味しくてナンが無限に食べられる.最高!おしまい

自己の内面と向き合うということ

2018年10月21日

 

久しぶりに更新する.

2か月前まで4月だったんじゃないかというくらい一瞬で時間が過ぎた.

最近は全く見ないけど,以前は非常に長い時間を過ごす夢をよく見ていた.というか最近眠れてないな...

自分の人生以上の時間を夢の中で過ごしているような気がする.こうなると夢と現実のどっちが本当なんだろうね.

自分の内側に湧くものが本当なのか,外側が感じてきたものが本当なのか.

おれはどちらかというと内向的な人間だから,内側が本当であってほしいなあ.

よく内向的な人間と外向的な人間に関して,シャイな人間とコミュニケーション能力が高い人間を例に挙げられるけど,それは違うよね.きっと外向的と外交的が混同しているために反対の内向的な人間をシャイにしたがるんだろう.

物事の解答を自己の内面に求めるか外界に求めるかの違いだと思う.

辞書で調べると”興味や関心が自分の内部にばかり向かうさま”とある.

例えばおれが音楽を聴くときには曲の選び方が2種類あって,音で選ぶものと詩で選ぶものがある.

音で選ぶものは大抵EDMとかで,聴いてその瞬間に楽しめるもの.AviciiとかKrewellaとか.詩で選ぶものはどちらかというとその人が自己の内面と向き合って感情をしっかりと書き表したものを選ぶ.これはいろいろあって,かつての自分を見返して今どう思うかとか,現在の自分をもう一度見つめなおしているとか,世間に対するやりようのない感情,怒りとか悲しみとかたまに喜びとかをその人自身の言葉で描いたものが多いかな.

おれの大好きな,本当に大好きなhideはいつも自分自身をメタ視点から見たような詩を書いていたと思う.BOØWYの曲も割とあの時代に潰されてたまるかというような反骨精神みたいなものを感じるものがいくつかあるけど,その本当の良さは同じ時代を生きた人たちじゃないと完全には理解しえないんだろうなと思うとちょっと羨ましくも悲しくもある.

今,一言でいうと君を守りたいとかもっと自分を理解してくれみたいな歌詞ばっかり売れてるんじゃないかと思うけど,あまりにも外部に自分の存在を委ねすぎているように感じる.あとは歌詞にこちらに対する意味なんてなくてリズム感とか口当たりのいい言葉選びとかをしているのとかもよくある.その”君”が指すものが純粋だったころの自分自身とか,自分を理解してくれじゃなくて自分自身に対して第三者視点からもっとお前のことを理解したいという思いを綴ってほしい.

どんなに人間を守ってもそいつは結局他人だし価値観は人それぞれだし自分の崇高だったり純粋だったりまっすぐな精神以外は守っても檻で囲ってるのと大して変わらんと思う.まあ檻の中で偽物の自由と安全な不幸を嗜みながら基本的に安定した人生を幸福として死んでいくのを望む人間もいるしいいんじゃない.そいつらは家畜と変わらんと思うが.

 

まあこうやって自分の存在を他人に委ねることをぼろくそに言ったりもするし思っているけど,別に他人と交流するのが良くないと思っているわけではない.みんなでワイワイパーティしたりするのも楽しいし.ただやっぱりどうせなら自分自身というものをしっかり持った人と交流したい.

たまにインターネットに書かれたような偏見にまみれた人間と出会うとお前自身の意見は何なんだ?となる.大抵自分は標準であるということに安心感を覚えているのが本質で,普通は常識は世間はこうだからとしか言わないけど,その普通や常識や世間があるべき軸から外れているかどうかではなく,それらを軸として自分が外れていないのがあるべき姿であるように考えているんだろうか.

これもやっぱり自分の存在を何か絶対的な基準を設けてそこに委ねようという意志が透けて見える.まあ他人の生き方なんてやっぱりどうでもいいよな.生きて死ねとしか思わん.”俺は俺の死を死にたい”それでいいじゃん.お前の檻にこのおれを入れようとするなということ.

 

あと最後に一つ話は少し変わるけど,自分の考えたものややってきた物事なんかを他人からしっかり守ろうと思える人間じゃないと新しいものを生み出すのは向いてない.これは研究をやっていてよく思う.頑固もよくないけど.

 

もっといっぱい書けそうだけど飽きてきたのでこの辺で終わり.

テスト期間

 2017年9月08日.脳がバグっているので2019年7月22日の気分だったけど.

 

 この間ふと人生はテスト期間と同じだなと考えていたのでそれについて書く.

 テストって確信をもって答えを書いてもなんとなくで答えを書いてもテスト期間が終わって点数が付くときは他者がその正誤によってのみ無機質に点数をつけていく.

人生の答え合わせも自分一人で済むものじゃなくて,死んだときに「あいつはいいやつだった」とか「ようやくいなくなってくれてせいせいするよ」とか,いつかは他人の評価だけが生きることになる.

しかもやっぱりテストの採点にミスがあるように,歴史に名を残した人達の評価も当時はクソみたいな言われようだったのに後世では再評価されてるとかもあって,人間どもはずいぶんと勝手だなあと思わされる.

だからもしも他人からの評価を気にして生きているとすれば性懲りもなくテスト期間をやり続けているわけだ.

 

 まあ死んだ後の評価が怖くて独裁者になれるものかよと思うけど,大抵の人は独裁者になるわけじゃないからね.でもそこに選択肢があることに気付くかどうかで変わるものもある.

 

 相手に提示されている以外の自分が持っている選択肢に気付くことができるかどうかって意外とかなり大事だよなと最近よく考える.

逆に相手にわざといくつかの選択肢を最初に与えてそれ以外からの目を逸らさせるというのは,おれが自分に都合のいいように事を運ぼうと根回しをするときによくやることだけど.

相手は最初から与えられた選択肢の中から納得のいく方を選ぶだけで負担も少なく納得感もあり,おれ自身も自分に都合のいいように環境がどんどん変えられるから,二者間だけで見ればwin-winの関係が築きやすいし.

 

 きっと相手に与える選択肢の巧妙さはこの国で独裁者になるためには不可欠なんだろうな.少なからず世論操作が必要になる場面が来るかもしれないし.

 

なんとか今日中に書けた...

20170903_近況

 

 2017年9月3日.ドラえもんの誕生日だ.今日誕生日の人おめでとう.ついでに昨日の人も明日の人も.

 

はてなブログの編集画面ってこんなに見にくい感じったっけ.もう半年くらい何も書いてないから初めましての気分だ.

 

今年度に入ってからずっと何かしらで忙しくて夜は日課のWoTをやっているし,ブログを書く優先度がどんどん下がっている.

 

最近は実験中とかの脳をそれほど使わなくてもいい時間にYoutubeで動画を見たり機械音でうるさくなる実験室で爆音で音楽を流したりして何も考えずに身体を動かしたり,データを整理したり資料を作ったり論文を書いたりといった時間にフルで脳を働かせて最低限の自己管理というかパフォーマンスの管理をしているつもりだけど,人間の最低限とはそううまくいかずやたら眠くなったりお腹がすいたりと肉体に振り回されている.

 

実験中に見るYoutubeの動画は,最初はWoTの実況8割Warthunderの実況2割といったところだったんだけど,最近はPUBGが盛り上がっているらしくてそれを見たり,よゐこのマイクラ(クソ面白い)を見たりしていた.

 

まあ面白い物事はそうやってゲームをちょっとしたり動画を見たり日々それなりにあるからいいんだけど,研究とそれらの優先順位を高くに置きすぎているのかご飯を食べる時間が本当になくて毎日お腹がすいている.

 

誰か焼肉連れてってください

 

本もちょっとずつ読んだり論文もパラパラ読んだりしてはいるんだけどもう本当に何もかもやることが多すぎて考えただけで脳が終わりそう.一つづつやるだけなんだけど.

 

10月が終われば多少ゆっくりできるかもしれないのでそれに向けてまずはがんばります...

 

という生活面とは別に,今日はPUBGを買いました.近日中にWiiUが届きます(やるゲームがほとんどないのでスマブラを買ったりバーチャルコンソールで遊ぶと思う).Switchは店舗での抽選会に並んでる様子をちらっと見たんだけどありえんくらい人がいたので大人しく任天堂の追加販売を待って様子見です.10月くらいに買えるんだっけ?発売当初に買っておけばよかった.

 

悲しいことに今ゲームをやるくらいしか発散する場がない上にそれを現実逃避にしてしまっているのは非常によろしくない...

鬱憤、疑問、とか

2017年1月25日。

 毎日毎日研究ばかりしている。色々と文句はあるがここでは出さずに法廷まで取っておこう。「普段温厚そうな人ほど怒らせると怖い」とは昔からよく聞く言葉だが、昔からよく聞いておきながら尚学ばない人間がいるとは悲しいことだ。

 本来ならばそろそろ大学も卒業となる時期にきたが、以前卒業旅行がてら一緒に関西でも行こうかと言っていた人とは音信不通になってしまっているし、どうしたものかな。

 最近はこの日記も全然書けていない。どうやら毎日つけている研究ノートが充実すればするほど他に出す言葉がなくなっていくようだ。「人は1日に何千語の言葉を消費する」とは聞いたことがあるが、その内訳をやり繰りしているのだろうか。無駄な労働に時間を取られてしまい本を読んだり知識を得たりする機会がもの凄く減ってしまった。思考の浅さが透けて見えるような文章しか書けない。

 ここ数日自分には十分な感情が備わっていないことと他人の感情がかなり透けて見えることの関連について考えていたのでまとめておく。

 自分には他人を真似る癖がある。他人の口癖、仕草、言葉遣いだけでなく会話内容のレベル、語調、身体の向きから顔の向き、目の前の人間のあらゆる点を模倣しようとしてしまう。まるで暗闇の中を手探りで人間の形を調べるように。
 そして自分には十分に感情が備わっていないため、いくら目の前の相手を真似してもどこかに違和感が残る。主体性の無さなのか、どれほど真似ても真似しきれない部分なのかはわからないが、自分と人間との間に確実な差異を感じる。その機微によって目の前の人間の個性や感情を把握している。
 とこんなことを考えてはみたが、普段は「相手の思考が透けて見える」としか感じていない。これはどう説明すべきなんだろうか。

 まあインターネットの向こう側にいる人間どもの薄汚ねえ感情なんてこのおれの知った事ではないから気にした事もあまりないのだけれども、中にはとてもとても優しい人がいて、この人の良心が次の時代も続きますように。と祈っている。

 感情のないおれでも教養としての良心は持ち合わせているのでね。

 あとは最近インド神話仏教などをチラホラと学び始めた。日本史も学び直したいしサンスクリット神道も学びたい。信じるかどうかは別として、学ぶということは人生を豊かにする第一歩だと思う。おれが人の生を歩んでいるのかと言われるとそれもまた別の話だが。
 科学一辺倒になってしまった人間は何がそうさせたんだろうね。世の中とは全てのものが相互に作用し合うものであるというのが科学の根幹にあるというのに。まあ宗教の民によって抑圧された科学の歴史を振り返ればそういう思いにもなるのかもしれないね、わからないけど。

 ああ、いつの間にか明日になってしまっていた。おやすみなさい。

2017年


2017年1月2日。

 まずは今年もよろしくお願いします。全ての人間どもにとって実りある一年となることを願っています。


 年末年始で実家に来ているため、久しぶりにパソコンからこのブログを更新しようとしていたのだけれども、パソコンをいちいち設置するのが億劫になってしまった。iPhoneで長い文章を書くのはそもそも敬遠しているため、しばらくブログを更新できずについには2017年を迎えてしまった。なんということだ。


 2016年は、ブログを何年ぶりかに再開したり、たくさん勉強したり、他にも様々なことがあって1年中ドタバタとしていたような気がする。5月がもうずっと昔のように感じられる。

 今年はどんな年にしようかな。たくさん仲良くしたい人もいるし、やりたいこともあるし、特に自分の人生の道筋を決定づける選択が迫っているような気がする。

 特に最終目標を考えたときに、今選べる選択肢が3つあって、1つは金銭的に有利ではあるが堅実にあまり興味のないことをやって行ける道、1つは金銭的には厳しい可能性があるが経験的にはとても幅広くやって行ける道、最後に最終目標にかなり近いところまで一足飛びに進める可能性が高いが前人未到で不確定要素がかなり大きい道。

 この3択によってこのおれが人間どもを支配できるかどうかが大きく変わる可能性があるから、今までずっと即断即決で生きてきて失敗もなかった(生まれる世界を間違えたことを勘定に入れなければ)のに、ここ1年で大きく悩んでしまっている気がする。右往左往してしまったこの1年のロスは本当に痛い。だからと言って焦って誤った判断を下さないようにしなければならないし、どうしたもんかね。まだ余裕を残しているとはいえ今まで以上のストレスだ。時間の重みというか自己責任の重みに押し潰されそうだ。


 まあそんなおれ個人の事情とは別に、新年ということでここ数日間は忙しく親戚の家を周っている。もう4年くらいずっと喪に服しているため誰にも年賀状を送るなどはしていない。コートは線香臭くなってしまった。


 頭が寝ぼけて思考がかなり飛び飛びになってしまっているので今日はこれ以上書くのはやめよう。明日また正気に戻ったら何かを書こう。最近考える能力がかなり衰えている気がする。