読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間を叩きのめす

おれがクソ人間どもを叩きのめすまでに日々思ったことや考えたことをダラダラと綴る程度のブログ

社会の歯車

2016年11月28日。  

 久しぶりに頭の中をまとめたくなるほど様々に考えが湧いたので以下に記す。 


 まずはじめに。 


  今日読んだ記事の一つに"工場勤務17歳女性が「風俗嬢」を希望する理由"(http://toyokeizai.net/articles/amp/146680)というのがあって、そこからどんどんと湧いてきた考えを書こうと思う。 
  

 結論から言うとこの国はもう引き返せないところまで来てしまったということ。上の記事の見出しを見て、そんなことはないぜと若い女性に喜ぶ風俗利用者の男性諸君もいるのかもしれないが、それは個人の感情なのでおれの知ったことではない。 
 

 ではどうしてその結論に至ったのか、ということについては3つの要因があって、まず1つ目は"高校以降への進学率の増加"、2つ目は"恋愛経験のない男性の割合の増加"、3つ目に"資本主義に脳をやられた人間ども"を考えて欲しい。 


  1つ目の進学率の増加。これは学校基本調査などのデータ(http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/Pdfdl.do?sinfid=000002039634)を見てもらえればわかるが確実に増加している。そして次に見てもらいたいのが学費の増加(http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/__icsFiles/afieldfile/2015/12/25/1365662_03.pdf)で、こちらも進学率と同様に増加している。そしてもう一つ見てもらいたいのが世帯年収の推移(http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/20-21-h25.pdf)で、近年は減少傾向にある。 例えば20年前と比べると、進学率が20%程度増加しているのに対し、学費は10万円程度増加し、世帯年収がおよそ120万円減少している。これでは十分な学習環境が整えられているかは疑わしい。特に学校というのは、世間では「学校で学んだことなんて何の役にも立たないよ」と言われる場面をよく見かけるが、なにも学んでいない人間の増加こそがこの国の産業の崩壊に他ならないと思う。産業を守る人間を育てないで、この資源に乏しい国が存続すると思っている人間がいるとは思えないし、みんな見ないふりしているだけなんじゃあないのか。それに、誰もがお金を無駄にする為に進学するなんて冗談でも笑えない話だ。 

 次に恋愛経験のない男性の割合の増加。というかその上性産業を利用する男性の割合の増加。性風俗産業は年々増加傾向にあり(https://www.npa.go.jp/safetylife/hoan/h27_fuzoku_jihan.pdf : 特に図14など)、恋愛経験がない男性でも性的な欲求のみであれば、それを満たす場を容易に確保し得る状況にある。そのため先ほどの1つ目の要因と関連して、進学したいが金に困る女性は性産業で自分を売り、世に溢れた男どもはそれを買う。日常では得られない快感を買うために、自分の時間当たりの給料よりも高い金を性的なサービスに注ぎ込む。"ものづくり大国"なんて自称してはいるけれど、支払う金額の大きさが社会通念上の価値だとすると、国を支えるものづくりよりも欲求の解消の方が価値が高いことになってしまう。このまま産業が衰退していって最後に残るのは人間どもの解消しきれなくなった欲求だけか。 特に現在よく観測できる事象として、SNSなどに客を非難する情報を垂れ流す風俗嬢の多いことが挙げられるが、これは明らかに風俗店を利用する男性が供給過多になり、女性側にとって"ここで切っても代わりがまた金を落としにくる"という状況が成立していることを示していると思う。女性からすれば回転寿司を金を貰って食べているようなもので、TANSTAAFLの精神に則れば何かしら裏があるのだが、ここで言うところの裏は社会の崩壊だろう。好きなネタだけを食べていたらそいつらはいつか絶滅する。

   3つ目の資本主義に脳をやられた人間ども。これは前の2つからも分かる通りに、とりあえず金を無駄にして学歴を手にし稼いだ金を欲求のためだけに費やす男性と、金を手にするために自らを売り出しグルメな自分を気取ってる女性との生活の乖離が、そのまま社会の基盤であった男女の結びつきによる世代交代の流れを断ち切っていく。大量消費社会に自分をも消費するような人間は社会の一員ではなく消費される"もの"としての自覚を持った方がいいのではないだろうか。

 社会の一員としての自覚を持つにしても、全員とは言わずとも誰もが自分の欲求に突き動かされすぎじゃあないのか。この国が何の目的を持って国家であろうとするのかの部分が全くないだろう。

 こうして自ら社会をぶち壊していることに目を背けていても誰も見ないふりをして、社会の一員を気取ってるお前らの姿を見るたびに、いい加減つまらない大学生みたいな茶番はやめろと思う。個人が社会の行く末に対する責任を負う必要は全くないとは思うけど、その"個人"が1億人くらい集まって同じことをしてるんだからタチが悪い。その責任は全員で取ってもらうしかないだろうな。

この国の仕組みというか歯車の部分がどんどんと狂ってる。政権がどうとか主義がどうとかの話じゃなくてもっと前、お前ら人間ども全員の意識からの話。毎日が充実しない人間はどこで歯車が狂ったんだろうと思うだろう。順風満帆な生活をしている人間はどこも狂っていないと思うだろう。そういう人間同士の齟齬でさえも気付いた頃には手遅れなほどに拡がっているぞ。

 次の社会では、欲求や衝動に突き動かされないまま"社会とはこうあるべきだ"という確固とした価値観を持ったポストヒューマンが人間どもを支配することを祈るよ。この社会は失敗だった。