読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間を叩きのめす

おれがクソ人間どもを叩きのめすまでに日々思ったことや考えたことをダラダラと綴る程度のブログ

人間を支配するという最大限の思いやり

 

2016年7月28日。

 

 人が人を大切にする為に何をしたらいいんだろう。

 人は皆それぞれ怒りや悲しみや喜びや何か偉大なる決意だったり、他にも色々なものを抱えて生きているだろうから、それをお互い傷つけあうことの無いように、自分が自分として生き抜くことが出来るようにと思って気高く高潔に、他人の尊厳を重んじて生活を送ろうと決めているんだけど、自分の思う通りにしたいがために他人を傷つける人もいる。

 おれはそこまで寛大になりきれてはいないから、そういう奴らを同じ人間扱いしていないし、そういう奴らって何か大きなことを掲げてそれを隠れ蓑に欲求を満たすから性質が悪い。自分たちは平気で動物の肉を食うくせにどの動物は知能が高いとか低いとかで殺していいかどうか判断して騒いでるだけで共感者から金を得る団体とか、尊厳ある死を認めろと叫んでそれを建前に人を傷つける奴とか。

 聞こえのいいことばっかり言って結局何もしない人間もクソッたれだと思う。おれ自身もそうかもしれんが。

 

 じゃあどうすればいいのかというと、「みんなで仲良くしましょう」つっても無理なんだったら押さえつけて無理やり根本から変えるしかない。「みんな違ってみんないい」って言うし、平坦化を好む日本ではむしろ突出した人間の突出した部分がもてはやされる時もあるけれど、個性を持つことに対する責任が全く考えられていないよね。

 全員が社会の一員として、生まれてから死ぬまで生きるというのなら、全員が協働して社会を築き上げられるように同じ教育を受けるべきだし、生まれた時点で親に教育を一任している時点で各自の背景にはばらつきが出るし、だから社会への参加はそれが必要か否かで各自が選択すべきことなのに、誰かが何かをやらかしたら「劣悪な家庭環境」「薬物・宗教への傾倒」「堕落した生活」みたいなその人の背景と全て彼らの自己責任であるみたいな風に取り上げてみたりしてさ、その背景のさらに背景にあるのは自分たちの利己心なんじゃあないのか?

 「自分の子は自分の手で育てたい」「自分の叶えられなかったことを子供に叶えて欲しい」なるほど立派な教育方針だが、しかしそれは子供を社会の一員と仕立てるのに必要もしくは十分なことか?他人の振りを見て似たようなことをやっていたらそれで社会に組み込まれてますみてえな顔しやがってよ。

 多様性を認めるというのは全体が失敗しない為には重要なことだし、「個を優先したいなら集団に入り込むな」なんて言わないけれど、なんのために集団が形成されるかを考えずに個の主張ばかりを繰り広げる人間を見ると、なぜこいつは人間社会の一員ですよみたいな顔して生きてるんだろうって考えてしまう。自分たちだけで勝手に生きて死ねよ。これはおれが持つ社会に対する最大限の思いやりだと思っている。