読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間を叩きのめす

おれがクソ人間どもを叩きのめすまでに日々思ったことや考えたことをダラダラと綴る程度のブログ

20160612-20160613 - 運動・読書・模倣

 

2016年6月12日と13日の分。

 

 12日は漫画を買ってからバッティングセンターに行った。ホームランを打ったりもしたが帰宅して漫画を読んでいたら疲れていたのか眠くなってきてしまったので寝た。買った漫画は『木曜日のフルット』1~3巻と『私がモテないのは(略)』1~7巻。

 

 13日は朝起きてすぐ『平和のための戦争論』という本を読んでいた。あまりこういう社会の動向にあわせた本を読んだ経験はなかったかもしれない。国家がどうなろうがそんなの大きな時代の流れの一つの現象でしかないと思っているからかな。しかしこの本は国際社会のパワーバランスに対して盲目的にならないためにも読んでおいて良かったと思う。自分にはそれくらいの価値しか見出せなかったけど読む人が読めばもっと勉強になる点はあるのだろう。

 そして前日に読みきれなかった漫画を読んでいた。ワタモテ面白い。面白いので8巻と9巻も買おう。

 

 先週から考えていた模倣品がオリジナルを追い越す現象(後付で名言が言ったことにされたりする現象なども該当する?)を思い出した。「ファスト・フォロワー戦略」とかいってオリジナルが市場でシェアを確保する前に調査を重ねてそれほど遅れずに似たような商品を送り出すという手法で、お菓子のオレオや薬のタミフルなんかがこれによってオリジナルより有名になってるっぽい。オレオの元ネタはハイドロックスでタミフルの元ネタはリレンザね。確か『京都大学人気講義 サイエンスの発想法』とかいう本に書かれていたと思う。ちなみにオレオにはオレオの模倣品みたいなのもあって、こういうファスト・フォロワーのさらにフォロワーを出すのはレイトフォロワーとかとでも言うんだろうか。これは値下げ競争を招くだけだからそれほど得策とはいえない選択になるみたいだ。なんだかイノベーター理論にちょっとだけ概念の雰囲気が似ているよね。

 

 ずっと考えてたことがスッキリするのはやっぱり良いね。